炭鉱列車が今も走る街

Town coal mine train is running even now
2018.05.22 文化

釧路は日本で唯一、今もなお石炭の坑内掘りを行っている街です。明治時代に安田財閥の安田炭鉱が石炭採掘を開始。大正時代からは太平洋炭鉱株式会社が事業を継承し、最盛期には年間261万トンもの石炭を採掘して釧路を支える産業のひとつとなりました。石油へのエネルギー転換により国内の炭鉱が次々と閉山された中、現在も規模を縮小しながら釧路コールマイン株式会社が採炭業務を行っています。

 

 

 

春採湖のほとりにある釧路臨港鉄道では、選炭工場から釧路港まで約4km、今も石炭を積んで走る列車の姿を見ることができます。春採湖の景色に溶け込む炭鉱列車はカメラマンにも人気です。

 

Kushiro is a city that is doing the only, the still underground mining of coal now in Japan. Yasuda coal mine of the Yasuda zaibatsu in the Meiji era begins coal mining. The Taisho era inherited the business Pacific Ocean Coal Mine Co., Ltd., is the golden age has become one of the industry to support the Kushiro to mining the year 2,610,000 tons also of coal. Among the coal mines of the country it has been one after another mine closure by the energy conversion to oil, also the Kushiro Coal Mine Co., Ltd. while reducing the scale currently doing the coal mining business.

 

釧路コールマイン株式会社 選炭工場
Kushiro Coal Mine Coal mill

 

■アクセス 釧路駅より車で15分
■住所 北海道釧路市春採8-2-1
■HP http://www.k-coal.co.jp/

 

※釧路市では毎年、選炭工場の見学会を行っています。
http://www.city.kushiro.lg.jp/museum/gyouji/2014/coal2014.html

RECOMMEND