釧路川を渡し舟で周遊する「釧路ゆめこい渡し」

Kushiro Yumekoi Watashi
2018.05.22 文化

釧路の名所のひとつである幣舞橋(ぬさまいばし)ができるまで(明治時代~昭和20年代)、釧路川は手こぎの渡し舟を使って渡っていました。その伝統を受け継ぐ「釧路ゆめこい渡し」は、平成18年に地元の漁師OBを中心に発足し、「どんぱく」などの夏祭りにあわせて運航しています。

 

 

周遊コースは、釧路フィッシャーマンズワーフMOOの前から出航し、幣舞橋の下を往復でくぐり抜けて戻ります。波にゆられて、水面すれすれを走るアトラクション的スリルを味わいながら、釧路の伝統文化を体験してみませんか。

 

Until Nusamai Bridge is one of Kushiro attractions is (Meiji Era 1940s), Kushiro River had crossed with the ferry of rowing. Inherit the tradition " Kushiro Yumekoi Watashi" is established in the center of the local fishermen OB in 2006, it has been operating in accordance with the summer festival, such as "Donpaku".

Tour course, set sail from the front of the Kushiro Fisherman's Wharf MOO, return to slip through in a back and forth under the Nusamai Bridge. Been shaken by the waves, while enjoying the attraction specific thrill of running a grazing water, why not experience the traditional culture of Kushiro.

 

「釧路ゆめこい渡し」運航案内

Kushiro Yumekoi Watashi

 

■運航場所 釧路フィッシャーマンズワーフMOO(釧路駅より徒歩20分、車で5分)

■運航日 くしろ霧フェスティバル(7月下旬)、くしろ港まつり(8月上旬)、釧路大漁どんぱく(9月上旬) 各日曜運航

■運航時間 10:00~15:00(天候等により異なる)

■乗船料金 500円

※乗船時にライフジャケット直用、乗船後に記念証がもらえます。

 

RECOMMEND